そばを味わう

一本木亭
(おみやげお食事センター)

信州にそば処数あれど、「開田のそばは色は黒いが味は良い」誰かが言ったとか言わないとか・・・。
 開田高原は朝晩と日中との寒暖の差が激しく、夏場はよく霧がでます。霧の下で育った蕎麦を霧下そばといい、おいしい蕎麦の条件の一つとされています。また、開田の女性はそばが打てないと嫁にも行けないとか・・・。
 木曽馬の里では毎年約1haの畑にそばを栽培し夏には花、秋には新そばを楽しんでいただいています。場内のそば道楽体験道場では、村の名人たちに直にそば打ちを教えてもらい、自分で打ったそばを味わうこともできます。

そば道楽体験道場営業時間のお知らせ

 営業期間 通年営業
  定休日  水曜日 
 営業時間 ・サマーシーズン(4月〜11月)
        おみやげ 9時30分から5時まで
        食堂  9時30分から16時まで
        そば打ち体験 10時から3時まで(予約制ですがお気軽にお尋ねください。) 
        ・ウインターシーズン(12月〜3月)
        おみやげ 10時から16時
        食堂 11時から3時30分まで
        そば打ち体験 10時から概ね2時まで(予約制ですがお気軽にお尋ねください。)

そばを味わう

そば打ち体験をしてみる

おみやげを見る

そばの成長

木曽馬の里TOPに戻る