本文へスキップ

信州木曽開田高原、天然かけ流し日帰り温泉  御嶽明神温泉やまゆり荘

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0264-44-2346

メールでのお問合せご予約はこちら

温泉豆知識onsen trivia

温泉分析書について

温泉Q&A

温泉分析書

お悩み別入浴方法

ちょこっと温泉情報

温泉分析書

脱衣所等でよく見かける温泉成分表。実は法律で掲示が定められています。
源泉名、場所、効能、禁忌、泉質など詳細に、科学的に調べられています。
本物の温泉かどうか見極めるにはとても重要です。
やまゆり荘の温泉分析書とその解説を掲載しますので、ぜひご覧ください。

やまゆり荘の温泉分析書

温泉分析表

分析書の解説(やまゆり荘担当 Sさんより)

●源泉名及び湧出地について
やまゆり荘は源泉地から1.1kmと近いため 温泉の成分も酸化することが少ない立地にあります。
●泉温
高温のため加温の必要がありません。
また循環する温泉ではないため 成分的にもそのまま源泉と言えます。
●水素イオン濃度
Ph6.41は中性泉となります。
●成分表
泉質の表示方法は通常「特殊成分」「陽イオン成分」「陰イオン成分」の順に表示します。
やまゆり荘は「特殊成分」はありませんので「陽イオン成分」「陰イオン成分」のみの表示となります。


●単位について
温泉分析書は「ミリバルやミリバル%」といった聞き慣れない単位で示されています。
「ミリバル」や「ミリバル%」は温泉の分析について、普通に使われる重要な単位です。
ミリバル(mval)とは、温泉などの溶液1s中に溶存するイオン種の濃度を表す単位で、1バル(val)という単位の千分の一の単位です。
1ミリバルは1mg当量/kgになります。
ミリバルは20%以上の成分を多い順に表示します。


●陽イオン成分について
やまゆり荘は「陽イオン成分」の多い順に「ナトリウムイオン」「カルシウムイオン」「マグネシウムイオン」になります。
●陰イオン成分について
「陰イオン成分」はミリバル%をご覧いただくと 炭酸水素イオン(泉質名で、炭酸水素塩泉)、硫酸イオン(泉質名で硫黄塩泉)となります。
やまゆり荘は 硫酸塩泉よりも 炭酸水素塩泉の効能が強い事になります。
●溶存物質について
1000mg/kg以上は療養泉となるため やまゆり荘も療養泉となります。

※療養泉とは・・・療養泉とは、温泉(水蒸気その他のガスを除く。)のうち、特に治療の目的に供しうるもので、表の温度又は物質を有するものと定義されています。

物質名含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く。)総量1,000mg以上
遊離炭酸(CO2)(遊離二酸化炭素)1,000mg以上
銅イオン(Cu2+)1mg以上
フェロ又はフェリイオン(Fe2++Fe3+)
(総鉄イオン)
20mg以上
アルミニウムイオン(Al3+)100mg以上
水素イオン(H+)1mg以上
総硫黄(S)
〔HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの〕
2mg以上
ラドン(Rn)30
(百億分の1キュリー単位)
以上


店舗写真

information店舗情報

大変申し訳ございませんが、
平成28年12月1日より平成29年4月中頃まで、外気温の低下により露天風呂は適温の維持ができないため、中止とさせていただきます。

営業時間
■入浴:午前10時から午後7時
■定休日:毎週火曜日
 但し祝祭日は営業
■入浴料:大人450円
     子供200円

御嶽明神温泉やまゆり荘

 

〒397-0302
長野県木曽郡木曽町開田高原西野6321-1211
TEL.0264-44-2346
FAX.0264-44-2348


→アクセス